メニュー

新型コロナウイルス抗体検査についての見解

[2020.08.01]

外来のご相談で「新型コロナウイルス感染症にかかったかどうかを確認したいので会社の上司に抗体検査をして来いと言われた」と言うものがありました。抗体検査は過去の感染の有無を調べたいときに用いますが、抗体検査の陰性は必ずしも感染しなかったと言うことを示すものではなく、また検査キットの各社製品で陽性率に差が出ることも度々指摘されています。

したがって、職場におかれましては、(厚労省のホームページなどをご参照頂き)職場内での感染対策とともに、発熱のある人は出社を控えていただくなどの措置をとっていただくことが、現時点では最も有効な感染対策と考えられます。抗体検査は偽陰性のリスクがあり、抗体検査が陰性でも新型コロナウイルスに感染した人がいたためクラスターが発生した東京都の劇団の事例もあります。

また本来、臨床検査の適否は医師の判断、または行政調査などの場合に限り正当化されますが、職場の上司が部下に臨床検査を命令すると言うことは、この権限を逸脱する可能性があります。なお新型コロナウイルス抗原検査につきましても、職場での感染対策としての適用は認められていません。何卒ご了承いただきますよう宜しくお願いいたします。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME